ごあいさつ

創業の想いと
これからのスタートーク

皆さんは、自動車電話をご存知でしょうか。知らない方も多いかもしれませんが、私たちが毎日使う携帯電話のルーツとなった製品です。
私たちの前身は、幸生電機工業株式会社(以下、幸生電機)が、旧IDO・DDI セルラーグループ(現 au)が展開する自動車電話の取り付け業務を担っていたことに起因します。当時の自動車電話は非常に画期的で、私は「この自動車電話は、いずれ人々が持ち歩けるような大きさになり、生活に欠かせないものになるだろう。」と考えていました。その考えのもと、1993年に幸生電機から分社化して誕生したのが、私たちです。

“星としゃべれるみたい。”
離れた人とも話ができる携帯電話に大きな魅力を感じ、「通信事業を通じて、人々にそんな素敵な毎日を届けたい」という想いを込めて、“スタートーク”と名づけました。
それから20年以上、苦しい時代もありましたが、当社は常に時代やお客様のニーズの変化に柔軟に対応し、事業の拡大を続けてきました。今や、14店舗のauショップと2店舗のUQスポットを運営し、大阪・京都の皆様に愛される企業として発展を続けています。

近年では、お客様から支持される社員を育てるため、人材教育にも注力。一人ひとりの社員がデバイスやサービスの知識の習得に前向きに取り組んでいることをはじめ、数々の研修によって社員の成長をバックアップ。定期的な若手人材の採用により、元気と明るさ、向上心に溢れた店舗づくりも続けています。
時には、若さゆえに至らぬ点もあるかと存じますが、全社員で一丸となってサポートすることで、お客様に役立つ情報をご提供すること、さらには、相互に強い信頼で結ばれたパートナーシップを築き上げることを目指しています。

また、日々頑張ってくれている社員たちが「ずっと働いていたい」と思える会社を創ることも、私の使命です。公休日の設定や有給休暇の取得奨励、残業の削減といった働き方改革を推進していることにくわえ、チャレンジを後押しする社風も構築。2019年には、グループ内に新たな会社を設立し、30代の社員が社長に就任するなど、若手にも積極的にチャンスを与えています。

そんな当社では、「成長したい!」という意欲のある方を求めています。これからご入社される皆さんには、仲間とともに成長し、変化を求めて自己研鑽を続けていただきたいですね。そのための環境づくり、サポートに、私も全力で取り組んでいきます。

最後になりますが、私たち株式会社スタートークは、お客様やKDDI様をはじめ、お取引先様、社員、社員の家族など、関わるすべてのみなさまを支え、暮らしの中に楽しさ、笑顔、驚きを届ける企業として進化を続けてまいります。
これからも何卒変わらぬご支援とご鞭撻をお願い申し上げます。

代表取締役 川上 典久