社員紹介

副店長

日髙 七菜

auStyle勤務
2020年入社

ここには支えてくれる
メンバーがいると思いました。

人と関わる仕事に就きたかった私は、接客業を中心に就職活動を進めていました。最終的にスタートークを含め、2社から内定をいただきました。その中で当社を選んだ理由は、2点あります。1点目は人事担当者がとても明るかったことです。緊張して当たり前の面接ですが、緊張よりも楽しかった印象が残っています。2点目は職場の人間関係が非常に良さそうだと思ったことです。就職先を選ぶうえで、私は人間関係に重きを置いていました。経験者でない限り、どんな仕事に就くとしても、何も知らない状態からスタートします。慣れないこともあって、最初は失敗したり、落ち込んだりしてしまうかもしれません。そんなとき支えになるのは、一緒に働くメンバーだと思います。人事担当者から店舗の雰囲気、社員同士の距離の近さが分かるエピソードなどを伺ったとき、「スタートークならきっと楽しく働ける!」そう確信し入社を決めました。

さりげない会話がお客様との
距離を縮める第一歩。

現在は副店長として、カウンター業務を続けながら、店長が不在のときは店舗の実績管理を任されたり、新人スタッフの教育を担当したりしています。新人スタッフに対しては、できることがひとつでも増えたらとにかく褒めて、モチベーションを上げることを大切にしています。これは私が新人の頃に店長にしてもらった手法で、自分自身とても嬉しかったので、真似しています(笑)。接客で心がけていることは、お客様のお困りごとを解決すること、希望を叶えることです。店舗として注力商材もありますが、売り込んでいると思われてしまったら、お客様と良い関係を築くことはできません。したがって、まずは安心して話していただけるような雰囲気をつくるため、基本的に私は雑談や趣味から会話を広げていくことが多いです。そして、さりげない会話の中からお客様が実現したいことを聞き出し、ニーズにマッチした商品・サービスをご案内しています。

スタートークは頑張りが
無駄にならない会社です。

私が感じる当社の魅力は、年齢や社歴に関係なく評価してくれることです。入社して1年足らずで、私は副店長のポストを任されました。もともと上昇志向が強いわけではありませんが、昇進の打診がきたときはやっぱり嬉しかったです。それと同時に、スタッフの頑張りをしっかり上層部の方々が見てくださっているなぁと感じました。今後の目標は後輩の良い手本として行動し、後輩から頼りにされる副店長になることです。私が新人スタッフの頃に所属していた店舗の店長・副店長はどちらも尊敬できる人で、「この人のために頑張りたい!」と思いながら、日々仕事に取り組んでいました。現店舗に異動となった今でも、前の店舗の店長やメンバーとは交流が続いており、プライベートでも遊んだり、食事に行ったりしています。そんな憧れの上司のような存在に私もなりたいです。