社員紹介

エース級スタッフ

吉岡 修平

auStyle勤務
2019年入社

自分の提案の成否が、その場で分かる。
そこに面白さを感じました。

スタートークに入社する以前、私はハウスメーカーで営業を行っていました。転職の動機は、結果がすぐに表れる営業に魅力を感じるようになったことです。住宅販売も面白かったのですが、どうしてもお客様の検討期間が長くて…。自分には合わないと思い、次の就職先を探すことにしました。スタートークとの出会いは、転職エージェントの紹介です。正直、通信業界にそこまで関心を寄せてはいませんでしたが、転職活動と同じ時期に、たまたま機種変更をするためショップに行く機会がありました。そのとき対応してくれたスタッフの方がとても親切で、かつ笑顔も素敵だったんです。今、振り返ると、あの機種変更こそ、私が通信業界に飛び込むきっかけになったと考えています。そしてエージェントから勧められていたのがスタートーク。偶然が重なり、これも何かの縁だと思い、当社に入社を決めました。

実績請負人の
プレッシャーと達成感。

現在、私はエース級スタッフとして接客・販売業務に従事しています。エース級スタッフの役割は、特定の店舗に所属するのではなく、いろいろな店舗を回って実績に貢献することです。自分次第で店舗の実績が左右することもあるため、プレッシャーも伴いますが、だからこそ目標に到達したときの達成感はとても大きなものがあります。また、契約までのスパンが短いため、その日に取り組んだ接客や提案の答え合わせがその日のうちに分かる点も、私の性に合っていると思います。エース級スタッフは副店長や店長といったマネジメント職とは異なり、販売に特化したキャリアパスです。店長を目指すも良し、私のように販売スキルを磨くも良し。子育て中の社員は、業務量を少しセーブして、仕事と家庭を両立した働き方を選択できるなど、個々の適性に応じたステップアップの道が用意されているのは、当社の魅力だと考えています。

誰よりも失敗したからこそ、
売上1位になれた。

スタートークに在籍するスタッフの中で、私は売上1位の座をキープしています。しかし最初から結果が伴っていたわけではありません。むしろ誰よりも失敗してきました。ただし誰よりも失敗を重ねたということは、誰よりもお客様と関わってきたことを意味します。来店されるお客様の境遇やニーズは、一人ひとり異なりますが、その中でも過去のお客様と類似する点があったりします。「前回はこうアプローチして断られた。じゃあ今回は少し変えてみよう。」このような機転を利かせられるのも、失敗という財産があるからです。失敗を恐れる方も多いでしょう。「クレームになるかもしれない。」そんな不安が頭をよぎることもあるでしょう。しかしお客様が満足した表情でお店をあとにされる姿を見ると、きっと些細な失敗は気にならなくなると思います。今後も失敗から学び、成功体験を重ね、1位のポジションを保持し続けたいですね。